お水送り
 奈良東大寺の「お水取り」に先がけて、小浜市の神宮寺と遠敷川(おにゅうがわ)・鵜の瀬(うのせ)でおごそかに繰(く)り広げられる伝統的神事で、毎年3月 2日に行われます。
 春を告げる行事として全国的にも有名な奈良東大寺二月堂の「お水取り」。その水は、若狭小浜の「鵜の瀬」から送られ、10日かかって東大寺二月堂の「若狭井」に届(とど)くとされています。
海のシルクロードの玄関口 若狭と奈良が昔から深い関係にあったことを物語っています。
 和銅(わどう)7年(714)白石明神直系の「和の朝臣・赤麿(あかまろ)」が神願寺を建立し、遠敷明神(おにゅうみょうじん)をまつったのが神宮寺の始まりです。
 東大寺を開山した良弁(ろうべん)僧正は、若狭小浜の下根来(しもねごり)(白石)出身とされ、大仏建立には当時若狭にて修行中のインドの渡来僧・実忠(じっちゅう)が招かれています。
 天平勝宝 4(752)年、この実忠が東大寺二月堂を建立し、修二会(しゅじえ)を開いて全国の神々を招きました。ところが、遠敷明神が漁に夢中で時を忘れて遅刻(ちこく)しました。そのおわびに本尊(ほんぞん)に供えるお香水を若狭から送ると約束し、二月堂の下の岩をたたくときれいな水が湧(わ)き出したと伝えられます。
 そこでこの湧水(ゆうすい)に命名されたのが「若狭井」です。  
 お水送りの由来等、パンフレットの解説>>  お水送りの神事進行>>
神宮寺本堂の回廊から装束の僧が大松明(たいまつ)を左右に振りかざす達陀(だったん)の行   
  大護摩(ごま)への点火にほら貝の音とともに向かいます。  境内は人の山
参加者は松明に願い事を書き入れます。(松明 1000円でした)   
   
   
大護摩(ごま)に火が焚(た)かれます。そして、山伏(やまぶし)姿の行者や白装束の僧侶らを先頭に、大護摩からもらいうけた火を手に、4千人ほどの松明行列が、1.8Km上流の鵜の瀬へ向かいます。
上  長い松明の列(写真右端まで)    上 時々小休止
   いよいよ 鵜の瀬  
  鵜の瀬でも護摩が焚かれます。
参拝者の松明をここで燃やします。
 鵜の瀬(川原)に下りる参拝者
川原は人の山
   そして 送水神事です。  10日後に東大寺に到着します。
  帰り道では地元婦人会?の
無料のかす汁と甘酒がふるまわれていました。(おいしかった)
 行きも帰りも神宮寺手前3km地点の駐車場からシャトルバス(100円)を利用しました。小浜駅からも出ています。